50代の転職のコツ

あなたは即戦力なのかどうか。

 今、企業は、業績が悪いところは悪いところなりに、業績が良いところは良い所なりに、人材を求めています。要するに、どんな起業であれ、人材不足なのです。50代で転職してくるなら、当然即戦力、願わくは、例えば営業職で言えばエース格、部署で言えばすぐに仕事を飲み込んで陣頭指揮を取れるような核となる人材が求められます。

 

 逆に、求められないのは、悪い意味でのサラリーマン根性を持った人。「私はこれだけの時間働いたから、その分の給料を下さい。」というような考えを持った人で、自分の生活費を稼げればそれでいい、というタイプです。部署や会社の命運を担う気が無く、会社は自分が働いた分だけ給料をくれる存在だ、としか思っていない人は、どんどん面接で落とされるでしょう。50代ともなれば、会社の中でも経営側にいる立場であり、会社としては、そうでなければ採用する意味がありません。

 

 会社としては、50代の人を一から研修して一人前に育てるつもりはありません。それは、一人前になってから、会社に貢献してもらえる期間が短いからです。だったら、20、30代の人を雇って一から研修するほうが耐用年数が長い分、会社にとってはそのほうが利益が大きいのです。

 

 転職しようとしているあなたは、即戦力になれるのかどうか。即戦力とは、単に人並みの仕事ができるとか、そこそこ知識や技術がある、ということではありません。新しい会社で、オンリーワンの技術、ナンバーワンの知識を持っているかどうか、そこが問われます。自分の立場、もさることながら、雇うほうの立場にも十分に立つ事が必要なのです。

 

 

おすすめサイトのご紹介
http://xn--xmq23ix8iov9atndu43c.net/
高卒の就職を支援するための情報を知りたい方はこちら!



このページの先頭へ戻る