面接は見られるだけでなく見ることも重要

 転職活動を進めていく中で、面接の場は必ず経験するものとなります。面接は、企業側が採用にあたって戦力になるかどうかを見極める場ですので、しっかり準備をするという人は多いはずです。例えば、想定される質問事項を整理して回答内容を作成したり、スムーズにわかりやすく話せるように練習をするというようなことがあるでしょう。

 

 しかし、面接の場は企業が候補者を見極めるだけではないということを忘れないようにしましょう。すなわち、転職活動をしている人が企業を見極める場でもあるのです。実際に企業に応募する時には、労働条件などを吟味した上で決める人がほとんどでしょう。しかしながら、面接では異なることを説明されるというケースは珍しいものではありません。

 

 もし、労働条件などをよく確認せずに、入社を決めてしまっては取り返しのつかないことになる可能性もあります。最近では、ブラック企業の問題もよく取り上げられますが、せっかくの転職でブラック企業に勤めることになれば大失敗となってしまいます。

 

 そのような失敗をしないためには、面接などの場で確認すべきことを整理しておきましょう。労働条件の他にも会社の事業の内容などもよく確認しておいた方が良いです。そのような確認を通して、採用される側もしっかりと企業を見極めるようにすることで、転職の失敗を防ぐ可能性が高まります。新しい職場で納得して働くことができるように、しっかりと面接の準備をしておきましょう。

 



このページの先頭へ戻る