転職者だからこそやっておきたい面接後の”あること”とは

 就職活動にしろ転職活動にしても、企業との面接というのは”採用されるかどうか”がかかっていますから、正に正念場と呼ぶに相応しい場です。その肝心要の面接後には、転職者なら必ずやっておきたいことというのがあります。それは「お礼状の送付」です。

 

 企業に対して面接を行ってくれたことや時間を設けてくれたことなどを感謝する意味で送付するのですが、非常に好印象を持たれることの1つなので出来る限りやっておくことをおすすめします。と言っても、大量の人員を採用する企業の場合には「必要書類だけ送付してください」と予め指示される場合があります。こうした場合にはその指示を優先し、お礼状は送付しないほうが良いでしょう。

 

 転職者は社会人スキルをある程度身につけていることが前提です。ですから面接にしても、ただ「採用してもらうためのプロセス」ではなく「これだけ自分に時間を割いてくれた」「自分をアピールする場を設けてくれた」とビジネス的に考える必要があるのです。

 

 新卒などの就職活動と違って、こうした気遣いができるかどうかで転職の成功は命運を分けることになるのです。転職に向けて努力することも必要ですが、常にビジネス的な目線を持ち続けることも転職活動においては重要なポイントなのです。礼状の書き方などは様々ですが、できれば一般的なもの、書籍などで紹介されているものが好ましいでしょう。自分のアピールもしつつ、感謝をする、これこそができるビジネスマンである証拠でもあり、転職の成功をもたらしてくれるのです。



このページの先頭へ戻る